コラム/青山のエステ|Protocol Beauty Salon Y.C

コラム

HOME > コラム

痩せづらい人のための痩身

基礎代謝の低下は痩せにくくなる

加齢や度重なるダイエット後のリバウンドにより、
以前よりも痩せにくくなって困っている人はいませんか。
原因は基礎代謝が下がっていることにあります。
基礎代謝とは、呼吸や体温調整など生命維持のために消費されるエネルギーのことで、
特に何もしていなくても、睡眠中も消費されています。
一般的に基礎代謝が上がれば消費エネルギー量も増えるので、太りにくい体質になると言われています。

基礎代謝は14歳~17歳ごろがピークとされており、それ以降は年齢とともに徐々に下がっていきます。
年齢とともに痩せにくくなってくるのは、基礎代謝が下がってきているからだと言えるでしょう。

基礎代謝をアップして太りにくい体質に

年齢とともに体幹の筋力が弱くなったり、深層部にあるインナーマッスルがゆるんでくると、
基礎代謝が下がってきます。
また、筋力低下により身体全体の姿勢やバランスも歪んでくる傾向にあります。
座りっぱなしや立ちっぱなしなどずっと同じ姿勢でいることも身体がゆがむ大きな原因のひとつです。
身体が歪むと肩こりや腰痛になるだけでなく、筋肉も硬くなるので血管が圧迫され血流も滞り、
冷えやむくみの原因にもなります。
適度な運動を取り入れることにより基礎代謝が増えれば、太りにくい体質になり病気の予防にも
つながります。

サロンでは低周波の電流により筋肉や細胞に刺激を与えて脂肪燃焼を促進させ、
インナーマッスルを鍛えます。
基礎代謝を上げることで太りにくい体質をつくります。

このページのトップへ